突然ですが、
「ツヤ」がほしいものといえば、何を連想しますか?

肌はもちろんですが、
顔の一部とも言われている「髪」にも、ツヤがほしいですよね。

ツヤツヤの髪は、若々しく、清潔感がある印象を受けますが、
一方で
パサついてしまっている傷んだ髪は、
ボサボサしやすく、だらしない印象につながってしまうことも…。

本日は、
「髪(特に、毛先!)のパサつき」にお悩みの方は必見!

毎日行う習慣をちょっと意識することで
ツヤツヤの髪を手に入れる方法をご紹介いたします。
       

==============================
髪のツヤは何で決まる?
==============================
             


さて、「髪のツヤ」は何で決まるかご存じですか?

髪の毛は、1本1本が下記のイラストのように3層の構造になっており、
外側から、
毛表皮(もうひょうひ)、
毛皮質(もうひしつ)、
毛髄質(もうずいしつ)
となっています。

※毛表皮はキューティクルとも呼ばれています。




髪のツヤに影響を与えているのは、
外側の毛表皮(キューティクル)と、その内側の毛皮質です。

「毛皮質」は、水分やタンパク質を含み、
その水分やタンパク質は、
最も外側の毛表皮(キューティクル)によって守られています。

キューティクルは、髪の根元から、毛先に向かって
魚のウロコ状に重なり合い、層状になっています。

しかし、このキューティクルはヘアカラーやパーマ、紫外線のダメージ、
摩擦や熱などの外的刺激にとても弱く、
表面からはがれたり、隙間ができやすいのです。

キューティクルがダメージを受けると髪の表面がガサガサになってしまうため、
見た目が悪くなる上、髪の水分やタンパク質を保つことができなくなり
髪の傷みに直結してしまいます。


キューティクルを傷める原因には、
先ほど挙げたようなカラーやパーマ、紫外線などの
強い刺激もありますが

実は、毎日の「あの習慣」こそ、
髪を傷める原因となっているのかもしれません!



==============================
髪の「乾かし方」こそ、ツヤ髪のカギ?!
==============================


その習慣とは「髪を乾かす」ことです。

髪が濡れているときは、
キューティクルは開いた状態になっています。

そのまま自然乾燥させると、
キューティクルが開いたままのガサガサの状態で乾いてしまい、
髪はさらに傷みやすくなります。

乾かし方をマスターすることでキューティクルを傷めずに良い状態に整え、
ツヤ髪をゲットすることができるのです!

今から紹介する3つのポイントを意識して、
早速今日から試してみましょう!(^O^)

※ご紹介する乾かし方は髪全体がまとまりやすくなるので
ボリュームアップしたい!という場合はおすすめしません。


1.
ドライヤーの前に、しっかりとタオルドライ!

髪を洗った後、
すぐにドライヤーで髪を乾かし始めていませんか?

髪は、ドライヤーの熱によっても傷みやすくなります。

まずはタオルでしっかりと余計な水分を拭き取り、
ドライヤーの時間を短くすることが大切です。

このとき、タオルをこするようにして髪をゴシゴシ拭くと、
髪同士の摩擦が原因でキューティクルを傷めてしまいます。

ポンポンとやさしく押さえるように水気を拭きとって、
タオルドライしましょう。


2.
根元→毛先の順に乾かし、
ドライヤーと髪は10cm以上離す!

まずは、髪の根元に指を入れて小刻みに動かしながら、
温風を送り入れて乾かします。

ドライヤーが髪に近すぎると髪の表面温度が高温になるため、
必要以上に水分が抜けてしまい、
傷みやパサつきの原因になります。

ドライヤーを髪から10cm以上離すことで、
適度な温度を保つことができますので、
近づけすぎないようにしましょう。

なお、毛先は乾きやすいため、
根元や、中心部分を乾かしているときに受ける風でも
少しずつ乾いていきます。

毛先を最初に乾かし始めると、
必要以上に熱のダメージを受けてしまうので気をつけてくださいね。


3.
最後の仕上げ★

全体的に9割ほど乾いたら、最後の仕上げをします!

ドライヤーは髪から15センチほど離し、
頭頂部分から、毛先に向かって手グシで髪を整え、
なでるようにやさしく乾かします。




キューティクルは、
髪の根元から毛先に向かって重なっているので、

頭頂部から毛先に向かって風を当てると、
キューティクルを正しい方向に整えることができるのです。

最後に冷風を使うと、キューティクルがしっかり閉じ 
さらにツヤ感アップ効果が期待できますので、
ぜひ試してみてくださいね


いかがでしょうか?
「髪を乾かす」という毎日の習慣をちょっと変えるだけで、
簡単にツヤ髪を手に入れることができますよ♪

ぜひお試しくださいね!(*^v゜)⌒☆