皆様は、起床時に
首や肩の張り、背中や腰の痛みを感じることはありませんか?

「しっかり寝たのに身体がだるい…」
とお悩みの方もいるのではないでしょうか。

  

その不調の原因は、
実は今使っているが関係しているかもしれません。

今回は、「快適な1日のはじまり」を左右する
正しい枕の使い方についてのお話です。


==============================
枕は頭を乗せるもの…?
==============================

枕は頭を乗せるもの、
というイメージを持っている方も多いのではないかと思いますが、
実は、頭だけでなく、
“首”を支えることにも重要な役割を果たしています。

枕で頭や首を自然な姿勢でしっかり支えて安定させると、
身体に負担がかからなくなります。

首は、普通に過ごしているだけでも
常に約4~6キロほどの頭の重さを支えています。
それにより、脊椎(せきつい)は常に負担がかかっている状態です。

の脊椎の負担が1日の中で1番和らぐのが、
頭の重さがかかりにくくなる就寝中

特に脊椎のS字カーブが自然に保たれている姿勢
最も負担のかからない状態です。

逆に自然なS字カーブの姿勢を保つことができないと、
睡眠中も身体に負担をかけることになり
寝起きの不調につながってしまいます。


脊椎に負担のかからない
自然なS字カーブの姿勢を保つために、
正しい枕の使い方を実践していきましょう!(*´v`*)


==============================
自然な姿勢をキープ!
==============================

自然なS字カーブの姿勢を
キープするために重要なのが、枕の位置です。

皆様は枕に頭だけを乗せていませんか?

先ほどお伝えしたように、
自然なS字カーブの姿勢を保つには首を支えることも必要です。

枕が肩口に当たるくらいの位置で頭を乗せるのがベストな使い方です。

こうすることで
後頭部から首筋にかけて全体的に支えることができ、
脊椎にかかる負担が軽くなります。

この状態を継続すると、

自然なS字カーブの姿勢が安定していきますので、
猫背の改善にもつながりますよ!

ただ、枕選びの際、頭を乗せた時に
顎が引く状態になるほど高い枕や、
逆に顎が上がってしまうほど低い枕
自然な体勢を保てなくなるので避けましょう。


また、あお向けで寝る時と横向きで寝る時では、
理想的な枕の高さが違います。


あお向けで寝る時には、
しっかり首のS字カーブが保てるもの、
そして横向きで寝る時には
頭と身体が一直線になるものが脊椎への負担が少ない枕です。

寝返りで体勢が変わっても首の部分まで支えることができる
両サイドが高くなっている枕もおススメですよ。

人それぞれ、自分に合う枕は違います。
上記で説明した自然な姿勢を意識しながら
実際にあお向け、横向きなど姿勢を変えて
枕のフィット感を確かめてみてください!

枕を正しく使用して、朝から快適な1日を過ごしましょう♪