さて、以前に快適のタネ第178話で、
美肌になるための「ビタミン」について紹介しました。

ご参考にしていただけましたか?^o^

美肌のために、ビタミン摂取!と日頃から意識している方は
多くいらっしゃるかもしれませんね。

では・・・、

よ~し、美肌のために、ミネラルをたくさん摂るぞ!

と意識することはありますか?

そもそも、「ミネラル」が持つ
身体への影響や、体内での役割について、
日常的に考えることは少ないのではないでしょうか?

本日は、私たちの健康と美肌に
とっても大切な、「ミネラル」についてご紹介いたします


==============================
そもそも、ミネラルって?
==============================

そもそも、ミネラルとは何でしょう?

簡単に言うと、地球上にある元素のうち、
酸素、炭素、水素、窒素を除いたものを、ミネラルといいます。

そして、私たちの身体は、
酸素65%、炭素18%、水素10%、窒素3%と、
合計96%は、ミネラル以外の4つの元素で構成され、
残りの4%が、ミネラルで構成されています。

ミネラルは、100種類ほど存在しており、
そのうち、16種類のミネラルがヒトの身体にとって
欠かせない栄養素であるとされています。

私たちの身体はミネラルやビタミンを自分で作り出すことができないので、
しっかりと食事から摂取する必要があるのです。

その16種類のミネラルの中でも特に、
「美肌」に関係しているミネラルをご紹介しましょう


==============================
日本人に不足しているミネラルは、
美肌ミネラルだった!

==============================

現在、多くの日本人に不足しがちなミネラルとして、
カルシウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、カリウム
5つが挙げられています。

どれも、聞いたことのある名前かと思いますが、
上記の中でも、美肌を保つために必要な3つのミネラルについて、
それぞれの特徴と効率的な摂取方法を紹介していきましょう!


カルシウム、マグネシウム

カルシウム=骨や歯を強くする、という印象が強いミネラルですよね。

事実、カルシウムの99%は骨や歯に存在していますが、
残りの1%は、細胞の分裂や増殖に関わり、
皮膚の細胞と細胞をつなぎ合わせる役割も担っています。

そして次に、マグネシウムは、
300種類以上の酵素の活性化に関係しています。

酵素は細胞ひとつひとつに栄養を届ける役割があり、
皮膚の代謝に大きく影響しています。
代謝は肌の生まれ変わりであるターンオーバーに直接結び付くので
美肌に欠かせない要素です。

カルシウムは、牛乳、ヨーグルト、小魚など、


マグネシウムは、
ナッツ類やひじき、海藻などに多く含まれています!



例えば…
木綿豆腐しらす干し、海藻を使ったサラダがおススメ!
カルシウムとマグネシウムを同時に摂ることができ、味もバッチリです。

上記の食品を意識して摂るようにしてみてくださいね。

鉄は赤血球の中の「ヘモグロビン」という形で存在し、
全身の組織に酸素を運ぶ大切な役割を果たしています。

鉄が十分に足りていると血行を促進されて、
顔が健康的な色味になります。

さらに、鉄は皮膚粘膜の合成に欠かせない栄養素であり、
肌の弾力を保つコラーゲンを生成する材料でもあります。


そんな多くの役割を持つ鉄には、
非ヘム鉄(植物性)と、ヘム鉄(動物性)があります。

ヘム鉄のほうが、非ヘム鉄より吸収率が5倍~6倍高いとされ、
豚レバー、鶏レバー、しじみなどに多く含まれています。


植物性の非ヘム鉄
については、
ほうれん草、大豆、ひじきなどに多く含まれていて、
以下の食品と合わせることで、その吸収率がアップします。


・動物性たんぱく質
(肉、魚、卵、牛乳など)
鉄と結び付くことで、吸収を促進します。

・ビタミンC
鉄と結び付つくことで性質を変え、吸収されやすい状態にします。

いかがでしたか?
今回は、比較的よく知られているミネラルを紹介いたしましたが、
この他にもたくさんのミネラル種類があり、
私たちの身体を支えています。

ぜひ積極的に取り入れていただき食事からも美肌を目指してくださいね