全国的に気温が上がり、
爽やかな天気の日が増えてきました。



暖かくなると、自然と外に出かけたくなりますよね。

ただ、活動的になるのは人間だけではありません。
も活発に活動を始めます。

虫といっても様々な種類がいますが、

行楽の機会が増えるこの季節、
注意したいのが「蚊」です。


蚊といえば、虫刺されによるあのイヤ~なかゆみ。
誰もが刺された経験があるかと思いますが、
蚊は時に感染症を媒介することもあり、
注意すべき存在です。

今回は、そんな蚊と、
蚊による虫刺されのお話です。

==============================

蚊ってどんな生き物?
==============================

蚊といえば、夏をイメージされる方が
多いのではないでしょうか。

地域や、蚊の種類にもよりますが、
実は、蚊は大体4月の終わり頃から活動を始めています。

種類にもよりますが、
気温が15℃くらいから動き出し、
22~31℃で最も活動的になります。
そして35℃くらいの厳しい暑さになると
今度は活動が鈍くなります。

最も活動的になる22℃あたりから、
蚊は血を吸い始めます。
ちなみに、吸血するのは全てメスの蚊。
卵を発達させるために、血に含まれる
タンパク質を利用しているのです。

主に日本に生息する蚊で
代表的なものは以下の3種類です。

・アカイエカ
日本全土に広く生息する。
夕方から夜中にかけての時間帯で最も活発に吸血する。

・ヒトスジシマカ
東北地方以西に生息する。
お昼から夕方にかけての時間帯で最も活発に吸血する。

・チカイエカ
特にビルの浄水槽、地下鉄など
主に屋内に生息しており、冬でも活動する。
夕方から夜中にかけての時間帯で最も活発に吸血する。

蚊の幼虫である「ボウフラ」は、
少量の水たまりでも繁殖できることから、
私たちの大変身近な存在なのです。


==============================
虫刺されは、なぜかゆい?
==============================

蚊は前述の通り、卵を育てる、
つまり繁殖のために血を吸います。
対象は人間だけでなく、哺乳類全般、
また爬虫類も含まれます。

蚊は吸血の際、
口についている針を使いますが、
いきなり血を吸うのではなく、まずは唾液を注入します。

この唾液には、
血が固まりにくくなる成分や、
針を刺した時の痛みを麻痺させる成分などが含まれており、
これに身体がアレルギー反応を起こして
かゆみが発生します。




かゆみだけならまだしも、
時にデング熱などの感染症を引き起こす場合があるため
注意が必要です。

ここで、蚊に刺されにくくする対策を
ご紹介します。

==============================
蚊に刺されにくくするために!
==============================

よく蚊に刺されやすい血液型がある、
という話がありますが、
実は明確な根拠はありません。

二酸化炭素の濃度が高いところ、
温度の高いところ、汗の臭いなどを感知して寄ってくる
ため、

呼吸が多い場合や、体温の高い人、
新陳代謝の活発な人は
比較的刺されやすいと言われています。

その他、対策として
以下を参考にしてくださいね!

→服装について
蚊にとっては黒色が最も認識しやすく、
寄り付きやすい色です。
黒い服を着ないようにすると
比較的、刺されにくくなります。

また、肌の露出を少なくすれば
その分刺されるリスクも減りますので、
長袖の服が効果的です。

→グッズを活用しよう!



市販の虫除けスプレーや
蚊取り線香、その他虫除けグッズも効果的ですが、
蚊に効果の無いものもあります。

商品パッケージに、
対象とする虫の名前や
「本品は蚊を対象とした商品では  ありません。」と
書かれている場合がありますので、
確認してから使用してください。

また、 蚊は
レモンやハーブの香りを嫌う
ため、
窓際にハーブの鉢植えを置いておいたり、
ハッカ油、柑橘系のアロマを利用する、という手もあります。





→もし刺されても…
かゆみから、どうしても掻きたくなりますが、
蚊の唾液に含まれる毒素が広がってしまうため、
掻いたり叩いたりするのは避けましょう。

また、発熱、関節痛、筋肉痛を伴う場合は、
すぐに医療機関を通じて検査をしてください。

屋内、屋外で蚊をしっかり対策して、
虫刺されに悩まない毎日を送りましょう!