ふと気が付くと、
ジャケットの襟部分や肩周りに
「フケ」がついている……。
そんな経験はありませんか?


フケは「不潔」という
イメージがありますが、中には、
毎日シャンプーをしているのに
フケが出てしまうケースも
少なくありません。

清潔にしているのに
なぜフケが出るの?と悩んでいる方も
いらっしゃるのではないでしょうか?
今回は、そんなフケについて
お話しします。

==============================
フケのメカニズムと種類
==============================
そもそも、フケの正体は
新陳代謝によって剥がれた
古い頭皮の角質ですが、
本来は細かく、小さいため
人目につくような大きさではありません。

しかし、何らかの影響で
頭皮の生まれ変わり(ターンオーバー)
正常に行われなくなることで、
目に見える大きさの
フケになってしまうのです。

また、フケは大きく2種類あり、
乾性フケ脂性フケに分かれます。

乾性フケ
乾性フケとは、
乾燥が原因で頭皮が剥がれたもので、
湿り気がなくパラパラとしています。

特に冬など、空気が乾燥する季節は、
頭皮の水分量が減るため
出やすくなります。

脂性フケ
脂性フケは、
ベタベタと脂っぽく湿り気があります。
乾性フケとは違い、
マラセチアというカビの一種が原因です。
皮脂汚れなどをエサに
このマラセチアが
異常に繁殖してしまい、
頭皮の炎症やかゆみにつながります。

そんな見た目も気になるフケ……。
こちらでは、フケ予防のために
心がけたい生活のポイントや
対策をご紹介します。

==============================
洗いすぎ、強すぎは注意!
==============================
フケの予防と対策には、
頭皮の健康の基本ともなる
バランスのとれた食生活と
規則正しい生活習慣が
大切です。

また、レバーや青魚などに多く含まれる
ビタミンB6は皮膚の新陳代謝を促し、
健康な頭皮を保つサポートを
してくれるのでおすすめです。

さらに、頭を何度も洗っていませんか?
ゴシゴシこすって洗ったり、
フケやかゆみが気になって
爪を立てたり、力を入れながら
かき出すように洗っている場合は
逆にフケの原因になっているかも
しれません。

一日に何度も洗うという方も
要注意です。

強い刺激を与えたり、洗いすぎると
頭皮のターンオーバーを乱すことに
つながりますので、
シャンプーをするときは
やさしくマッサージするように
洗いましょう。


乾性フケの場合は
パーマやヘアカラー剤の刺激が
影響している場合もあります。
気になるときは、美容師さんに
相談してみるのも良いでしょう。

脂性フケの場合は、
マラセチアの増殖を抑えるため、
洗い残しがないように
皮脂汚れをきちんと落としましょう。

抗菌作用のあるシャンプー
変えてみることも有効です。


なお、頭皮の乾燥、皮脂にお悩み……
という場合には、 北の快適工房の
『みんなの肌潤糖~アトケアタイプ~』
『みんなの肌潤糖~クリアタイプ~』
役立ちます!

このシリーズ商品は両方とも、
お砂糖が持つ浸透力と保湿力を引き出し、
肌の角質層まで浸透して
潤いを与える商品です。

それぞれガサガサ、ゴワゴワ肌や
ニキビ肌にアプローチする商品ですが、
頭皮にもお使いいただけますよ♪

興味のある方は
ぜひチェックしてみてくださいね!

■ガサガサ、ゴワゴワ肌に
みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)
~アトケアタイプ~

公式サイトはこちら
頭皮への使い方はこちら

■ニキビケアに
みんなの肌潤糖(はだじゅんとう)
~クリアタイプ~

公式サイトはこちら
頭皮への使い方はこちら

いかがでしたか?
人目につくと良い印象には見えないため、
フケを防ぐために
一生懸命シャンプーをしていた方も
いらっしゃるかもしれませんね。

今回の対策で、
気づくとフケで肩が白くなっている……
頭をかいたら爪に入り込んでいる……
なんてことがないように
健やかな頭皮を目指しましょう!

また、ストレスや生活習慣の乱れが
原因ということもありますので、
生活全体を見直すきっかけに
してみてくださいね。