みなさんは毎日、を飲んでいますか?


こちらのコラムでも
何度かご紹介してきましたが、
水が健康に良いことは
ご存じの方も多いかと思います。

では、「水の種類」まで、
意識したことはあるでしょうか?

今回はそんな水の種類と効果について
お話しします。
==============================
水の種類
==============================
水の種類は大きく分けると、
軟水、中硬水、硬水、超硬水の
4つに分かれます。
ミネラルウォーターを飲んでいる方は、
耳にしたことがあるかもしれませんね。

この4つは、
カルシウムとマグネシウムの
含有量である「硬度」の違いで
分類されます。

WHO世界保健機関による基準では
1リットルあたりの硬度が
軟水:0~60mg未満
中硬水:60~120mg未満
硬水:120~180mg未満
超硬水:180mg以上
となっています。

分類の基準は各国で異なり、
特にヨーロッパでは硬度の基準が
日本よりも高い傾向にあります。

==============================
硬度の違いによる水の違い
==============================
では、硬度が異なると、
どのような違いが生まれるのでしょうか。
ここからは、簡単にその特徴について
ご紹介します。

硬度が低い水
・胃腸に優しい
・肌や髪の洗浄に使用すると
 健康を保つサポートをしてくれる
・身体への吸収率が良く、
 水分補給にピッタリ
などがあります。

また、日本の
水は多くが
硬度の低い水のため、
日本人には馴染み深く
日本料理にも適しており、
飲料水としても飲みやすいのが特徴です。

飲みやすさを重視するなら
こちらがおすすめです。

■硬度が高い水
・身体で生成されないミネラルを補給できる
・免疫力の活性化につながる
・ミネラル補給による代謝アップ
が期待できます。

硬度が高い水には
カルシウムやマグネシウムが
多く含まれているため、
硬度の低い水と比較すると
重たく飲みごたえがあり、
ミネラルが豊富な分、
含まれているマグネシウムによって
胃腸に負担がかかる場合があります。

ただ、運動後の水分補給には
ミネラルが多い
硬度の高い水がおすすめです。

基礎代謝量も上がり、
自然と脂肪が燃焼しやすい体質も
目指せますよ。


いかがでしたか?
一言でといっても、
硬度の違いによってそれぞれ味や
成分が異なるなどの特徴があります。

どれもそれぞれの良さがありますので、
みなさんの好みや体調を考えながら、
健康のために水を飲み分けてみましょう!