クリスマスや年越し、
お正月とイベントが続き、
胃が疲れていませんか?

この時期、そんな疲れた胃を
整えてくれるのが
七草粥(ななくさがゆ)です。
七草粥は、
お正月の祝膳などで
疲れてしまった胃を休め、
さらに栄養補給ができるなど、
健康の面でもさまざまな効能があります。

今回はそんな
七草粥についてお話しします。

==============================
1月7日は人日の節句
==============================
1月7日は
「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれ、
3月3日の「桃の節句」などと並ぶ
「五節句」のひとつです。

これは鎌倉時代から続く
歴史ある行事ですが、
実は1月7日の朝は、
七草粥を食べるという風習があるのを
ご存じですか?

元々中国から日本に伝わり、
現在では、1年の無病息災を願って、
また、お正月の食事で疲れた胃を
休めるために食べるようになったと
されています。

七草粥を食べるタイミングは
1月6日の夜に作り、
7日の朝に食べるのが一般的ですが、
生活も多様化している現在では
食べる時間は
あまり気にしないことも多いようです。


==============================
七草の効果
==============================
七草粥はその名のとおり
春の七草である
せり、なずな(ぺんぺん草)、
ごぎょう(母子草)、 はこべ(はこべら)、
仏の座、すずな(かぶ)、
すずしろ(大根)の7つの食材と
お米から作られます。



七草粥は胃を休めるために
良いとされていますが、
七草にはどんな効能があるのでしょうか?
では、それぞれの効能について
ご紹介します。

■せり
せり特有の香りには鎮静効果があり、
抗酸化作用があるビタミンと
ミネラルも豊富。
また、食物繊維も豊富で、
血糖値の急激な上昇を防いでくれます。

■なずな(ぺんぺん草)
なずなは料理だけでなく、
昔から薬草としても
親しまれてきた一年草です。
殺菌・消炎効果などが期待できるので、
生活習慣病の動脈硬化や
高血圧などの改善予防が期待できます。

■ごぎょう(母子草)
むくみや利尿に効果があるとされ、
余分な老廃物を排出するために役立ちます。

■はこべ(はこべら)
白い花が咲く多年草で、
健胃作用が高く、
消化作用にも優れているので、
疲れた胃を労るのに効果的です。

■仏の座
正式名称はコオニタビラコといい、
はこべと同様、健胃作用が期待できます。

■すずな(かぶ)
根の部分にはアミラーゼという
胃もたれや胸焼けを予防する成分が
含まれ、葉には疲労回復に良いとされる
ビタミンB1も含まれています。

■すずしろ(大根)
ビタミンC が肝臓の働きを助け、
アルコールの分解も促進してくれます。
また、健胃作用、二日酔い予防なども
期待できます。
現在はお馴染みの「大根」という名で
親しまれ、根のほかに
葉にも栄養がある野菜です。


いかがでしたか?
七草粥の風習は地域によっても
少し形式が異なり、
一部では七草を刻むときに
「七草の歌」を歌うところもあるそうです。

1月7日が近づくと
七草セットとしてスーパーなどでも
簡単に手に入ります。

作り方も簡単ですので、
お正月においしいものを
食べすぎたという方は
ぜひ七草粥に挑戦してみてくださいね。