二重あごになる原因は
「肥満」のイメージが
強いのではないでしょうか。


しかし、痩せている人でも、
二重あごになることは珍しくありません。
それは原因が脂肪だけではなく、
日常生活の中に隠れているからです。
今回はそんな二重あごについて
お話しします。

==============================
驚き!
太っていなくても二重あごになる原因
==============================
では肥満以外に二重あごになる原因は
どんなものがあるのでしょうか。

■姿勢が悪い
パソコンを使っているときや、
スマホをいじっているときなど、
前のめりになったり、
猫背になっていませんか?
姿勢が悪いと二重あごの原因になります。

頭を突き出す姿勢になると、
けい椎(けいつい)と呼ばれる首の骨が
本来の湾曲を保てなくなり、
首の前方部分に
脂肪がつきやすくなるのです。

最近では、
スマホの普及に伴い
多くなった二重あごのことを
スマホ二重あごと呼ぶこともあるそう。

■むくみ
リンパの流れが滞り、
老廃物が溜まってむくんだ部分が
二重あごを作り出すことも……。

普段は気にならないのに、
飲み会などの次の日に
「二重あごが気になる!」という場合は、
むくみが原因で二重あごになっている
可能性があります。

■表情筋の衰え
顔はたくさんの表情筋と呼ばれる筋肉で
支えられています。
この筋肉が衰えてしまうと、
支えていたはずの皮膚がたるんだり、
シワができやすくなります。

特に二重あごと関わりがあるのは、
「おとがい筋」と呼ばれる
下唇の下から顎先に向かって
伸びている表情筋。

表情筋の衰えは
加齢によるものも多くありますが、
無表情なことが多かったり
咀嚼回数が少ない場合にも見られます。

==============================
お家で簡単!誰でもできる
二重あごの解消&予防方法
==============================
では、 ここでは今日からすぐにできる
簡単なエクササイズをご紹介します。

用意するもの
・空のペットボトル
(500mlサイズでOK)


ペットボトルのキャップをはずし、
机などの上に置きます。


ペットボトルを歯を使わずに、
唇の力だけで持ち上げます。



持ち上げたら、中の空気を吸って、
頬をへこませた状態で5秒間キープ。
 


その後、5秒かけてゆっくり元に戻るように
膨らませていきます。


この動作を1日3セット程度することで、
表情筋を鍛え、二重あごの改善から
顔全体を引き締めることができます。

また、慣れてきたら
ペットボトルに少量のを入れることで
より効果が高まります。

ただ、はじめは無理をせずに
できる範囲から始めてくださいね。


いかがでしたか?
二重あごが気になっているときは、
筋肉などが衰えている証拠でもあります。

今回ご紹介した簡単エクササイズは
二重あごだけではなく、
顔全体を引き締めることにも
つながりますので、
ぜひ試してみてくださいね。