この季節はアイスクリームや
かき氷を食べたくなりますよね。
しかし、
そういった冷たいものを食べていたら
頭がキーンと痛くなった、
という経験をしたことがある方は
多いのではないでしょうか?


アイスクリームを含めた冷たいもので
起きるこの頭痛ですが、その名も
アイスクリーム頭痛といいます。

今回はそんなアイスクリーム頭痛
についてお話しします。

==============================
アイスクリーム頭痛とは?
==============================
「アイスクリーム頭痛」は
医学的にも正式な名称です。

アイスやかき氷を食べたり、
冷たい飲み物などを飲んだあと
数秒で痛みが生じることが多く、
後頭部やこめかみが痛くなります。

■原因
まだはっきりとした
メカニズムなどはわかっていない
アイスクリーム頭痛ですが、
有力とされる原因は2つあります。

・神経が冷たさを痛みと勘違いするため
冷たいものを食べたとき、
のどの三叉神経(さんさしんけい)が
刺激されます。

そのときに温度が低すぎると
刺激された三叉神経が
冷たさを痛みと勘違いし、
脳にそのまま痛みとして伝わります。

・血管が拡張し、神経を刺激するため
冷たいもので口やのどが冷えると、
身体が体温を維持するために
血管の血流を増やそうとします。

そのとき、急激に血管が拡張し、
一時的な炎症が血管に起こるため、
周囲の神経を刺激し、頭痛が起こります。

この血管が拡張することによって
起こる頭痛は
片頭痛の仕組みとも似ているため、
片頭痛持ちの人は
アイスクリーム頭痛になりやすい
ともいわれています。

==============================
アイスクリーム頭痛は危険な頭痛?
==============================
アイスクリーム頭痛は
急に冷たいものを食べたりすることで
起こります。
頭痛の中には
大きな病気の症状として起きる頭痛など、
放っておきたくない種類もあります。

しかしアイスクリーム頭痛は、
痛みが長時間続くということはないため、
治療が必要な頭痛には数えられません。

とはいえ、
できれば痛くならないようにしたい
という方もいるかと思います。
こちらではアイスクリーム頭痛が
起きにくくなる方法と対処方法を
ご紹介します。

■冷たいものはゆっくり食べる
冷たさと痛みがつながってしまうため、
急激に口やのどが冷えないよう
ゆっくり食べることを意識しましょう。

■温かい飲み物と一緒にとる
暑い屋外にいるときは
難しいかもしれませんが、
口やのどが冷えていると思ったときは
温かい飲み物を飲むと効果的です。

■こめかみや額を冷やす
痛くなってしまったときは、
逆に温めるのではなく
こめかみや額を冷やすことで
頭痛を早く治すことができます。


いかがでしたか?
アイスクリーム頭痛は
神経の働きが正常だからこそ
起こるともいわれていますので、
あまり心配する必要はありません。

冷たいものはついつい一気に
飲んでしまったり、
急いで食べてしまうこともありますが、
ゆっくり食べるようにしてみてくださいね。