みなさんは日頃からしっかりと
野菜の栄養素を摂っているでしょうか?
わかってはいても毎日たくさん
野菜を摂るのは大変ですよね。

そんな中、緑黄色野菜の中でも
トップクラスの栄養価を持つケール
ご存じですか?

今回はそんな
ケールについてお話しします。
==============================
野菜不足解消の強い味方
==============================
海外では日常的に親しまれている
ケールですが、
独特の香りと苦みがあるため
日本ではまだ
そのまま食べることは少なく、
一般的に青汁などに
使用されることが多い野菜です。

キャベツなどの原種ともいわれており
見た目は似ていますが、
キャベツのように丸くならず
葉が広がったまま育ちます。


和名では緑葉甘藍(りょくようかんらん)や
羽衣甘藍(はごろもかんらん)
ともいわれ、
一年中育てることができます。
※甘藍とはキャベツの別名です。

ケールは、β-カロテンやビタミンC、
食物繊維などをはじめ
ルテインやカルシウムに至るまで
豊富な栄養素が
バランス良く含まれている
優秀な緑黄色野菜の一つです。

==============================
ケールで栄養を補おう
==============================
豊富な栄養素が含まれている
ケールですが、
こちらではその健康効果について
簡単にご紹介します。

■ルテイン
強い抗酸化作用があるルテイン。
体内で合成できないため
食事から摂ることが必須の成分です。

緑黄色野菜などに多く含まれる
黄色の天然色素、
カロテノイドの一つであり、
眼精疲労をはじめ
目の病気に対して予防効果などが
期待できます。

強い抗酸化作用は身体の老化を
予防することができます。

■β-カロテン
ルテインと同じカロテノイドの一つである
β-カロテン。

ルテインと同じく
強い抗酸化作用によって
身体の老化を防ぐほか

体内に吸収されることで
ビタミンAに変わり、
皮膚や免疫機能を保つ効果や、
目の健康を保つ効果が期待できます。

■ビタミンC、ビタミンE
ビタミンCとビタミンEの2つには
肌の生まれ変わりを
促進する働きがあるため、
肌を若々しく保つ効果も期待できます。

またビタミンCにはストレスを
やわらげる効果
も期待できます。

■カルシウム
野菜の中でもトップクラスに入るほど
ケールにはカルシウムが豊富。

骨の形成はもちろん、
カルシウムにはストレスを軽減し
気持ちを落ち着かせる効果があります。

さらに、
ケールに含まれているカルシウムは
吸収率が高いため、
青汁などにして飲むことで
牛乳などの乳製品よりも
効率よくカルシウムを
摂取することができます。


ケールは前述したとおり
独特の香りと苦みがありますが、
そのままの味を楽しむのなら
炒め物として油と一緒に摂取すると
β-カロテンやビタミンEの吸収が
しやすくなります。

なお、生のままが苦手でも
すでに健康効果が高いことで
知られているケールは、
青汁はもちろん、
現在ではタブレットなどでも
多く販売されていますよ。


いかがでしたか?
毎日たくさん野菜を摂ることは
むずかしいですが、
栄養満点なケールを
少し取り入れてみては
いかがでしょうか?

手軽に始められるような商品も
たくさんありますので、
無理をせずに健康的な食事を
目指してみてくださいね。