何度もトイレに行きたくなる、
トイレに行ったあともスッキリしない……
といったことはありませんか?
それは膀胱炎かもしれません。

今回はそんな膀胱炎について
お話しします。
==============================
特に女性がなりやすい膀胱炎
==============================
膀胱炎は
大腸菌などをはじめとする細菌が、
膀胱内に侵入することで
炎症が起こる病気です。

膀胱炎は原因ごとに
種類が分けられていますが、
今回は代表的な2つをご紹介します。

■急性膀胱炎
最も多いのが急性膀胱炎。
尿道から細菌が侵入し
感染・炎症が起こります。
(膀胱や尿道自体に病気がない状態)

このときの細菌の大半は
大腸菌が原因です。

■慢性膀胱炎
急性膀胱炎と違い、
膀胱や尿道になんらかの
病気があったために
細菌が膀胱内に侵入し、
慢性的に膀胱炎の症状を繰り返すのが
慢性膀胱炎。

同じ菌が原因で
繰り返し炎症が起こる場合と、
別の菌に再度感染して
症状を繰り返す場合とがあります。

■症状
それぞれの膀胱炎に共通する
症状としては、
・トイレが近い(頻尿)
・尿がまだ残っているような気がする
(残尿感)
・尿が白く濁る、血が混じる
といったことがあります。


「尿意を感じてトイレに行ったのに、
ほとんど何も出なかった」
というようなときも
典型的な膀胱炎のサインです。

==============================
膀胱炎の原因
==============================
女性は男性に比べて
尿道が短いために
細菌が侵入しやすくなっています。

膀胱炎で女性の患者が多いのは
そういった身体の構造も関係しています。

そのほかにも
・睡眠不足やストレスなどによる
 免疫力の低下
・トイレに行くのを我慢しがち
・ウォシュレットなどの過剰使用による
 防御力の低下
・(男性の場合)前立腺の病気や
 尿路結石などの病気によるもの

などがあります。

免疫力が低下していると、
細菌の増殖を抑えられなくなり、
トイレを我慢することが続くと
細菌を体外へ排出する機会が
なくなってしまいます。

また、ウォシュレットで洗浄をし過ぎる
本来菌などから守ってくれている
粘液なども流されてしまうため、
逆に侵入を許してしまうことになります。

==============================
対処・予防方法
==============================
では膀胱炎になってしまったときや
予防をするためには、
どうすればよいのでしょうか?
こちらでは簡単にご紹介します。

■水分を多く摂る、トイレを我慢しない
トイレに行きたくないと
水分を摂るのを控えている人も
いるかと思いますが、
膀胱炎には逆効果。

細菌を早く体外へ排出するためには
水分を摂ることが大切です。


またここでトイレを我慢してしまうと
同じことの繰り返しになりますので、
このときトイレは
我慢しないようにしましょう。

■下半身を温める
冷えは症状の悪化を招くため
おなかや足が冷えないように
気を付けましょう。

■身体の免疫力を保つ
睡眠不足や過労などは身体に
無理がかかり免疫力が低下します。

心身ともに健康であれば
病気にもかかりづらくなりますので、
無理をしないことも大切です。

■清潔に保つ
トイレでは紙を前から後ろに
向かって使うことで、少しでも
細菌の侵入を防ぐことができます。
トイレのあとは少し気を付けてみましょう。

上記のことを心掛けるだけで
予防はもちろん、
自然と治ることもありますが、
治療の際はお医者さんに相談して
抗生物質を飲んで治すこともあります。

膀胱炎自体はそれだけでは
こわい病気ではありませんが、
別の病気が原因で
膀胱炎になっていたり、
逆に膀胱炎を放っておいたことで
別の病気を招いてしまうこともあります。

まずは我慢せず、お医者さんに
相談することも考えましょう。


いかがでしたか?
女性に多いとはいえ
男性でももちろんかかる膀胱炎。

身近な病気とはいえ
元気な状態であれば
こわいものではありませんので、
病気にならない身体を保つためにも
無理のない生活を心掛けましょう!