乾燥が気になるこれからの季節は、
風邪やインフルエンザなどに
気を付けたいですよね。

しかし、
喉が痛いし風邪を引いたかも……
と思って風邪薬を飲んでも良くならない、
というときは扁桃炎かもしれません。

今回はそんな扁桃炎について
お話しします。
==============================
扁桃炎ってなに?
==============================
扁桃炎とは、
喉の奥にある「扁桃」という器官が
炎症を起こしている状態のことです。

扁桃は口を開けてみると
目で確認できる位置にあり、
ウイルスや細菌などが
口から体内に侵入するのを
防ぐ役割があります。


しかし、このとき
身体の免疫力が落ちていたり、
菌の勢いが強すぎると
扁桃が菌によって炎症を起こし、
腫れてしまいます。

※扁桃は幼少の頃には
大きな役割を果たしますが、
その後は身体にある免疫機能が
発達するため個人差はありますが
小さくなっていきます。

■急性扁桃炎
扁桃炎と呼ばれる多くが、
この急性扁桃炎です。

前述したとおりウイルスや細菌によって
扁桃が炎症を起こし、
のどの痛みや発熱などの症状が
あらわれます。

■慢性扁桃炎
急性扁桃炎が1年のうちに
何度も繰り返す場合、
慢性扁桃炎と呼ばれます。

皮膚、腎臓、関節などに
さまざまな障害を引き起こす可能性が
出てくるため、
時には扁桃を取り除く手術が
必要となる場合もあります。

■症状
扁桃炎の症状はのどの痛み、
発熱や倦怠感、頭痛、関節痛など、
一見すると
インフルエンザや風邪にそっくりですが、
全く別の病気です。

扁桃炎にかかったときの喉の痛みは、
風邪よりも数段辛いことが多く、
水を飲み込むことも難しいほどの
痛みがあります。

ほかにも扁桃に膿栓ができるのも
扁桃炎の特徴です。
※膿栓:細菌やウイルスの死がいが
たまってできる白い塊のこと。

==============================
扁桃炎の予防と対策
==============================
原因が
ウイルスや細菌によるもののため
飛沫や接触によって
感染することもあります。

扁桃炎にかかったときは、
マスクをつけたり
同じタオルを使わないようにするなど、
発症後は周りにうつさないように
気を付けるようにしましょう。

こちらでは扁桃炎の予防と対策について
簡単にご紹介します。

■加湿が大切!
扁桃炎の原因となるウイルスは
たくさんありますが、
主に低温で乾燥した場所を好みます。

部屋にいるときは加湿を心掛け、
外出時はマスクをすると
乾燥を防ぐことができるため
効果的です。

■免疫力が下がらないように注意
菌が体内に入ろうとしても、
健康体であればある程度は
撃退することができます。

しかし、
ストレスや疲労が積み重なると
免疫力が下がり、
それができなくなってしまいます。

疲れをため込まないようにし、
生活の基本でもある
食事や睡眠をしっかりととることで、
免疫力の低下を防ぐことが大切です。


なお、
扁桃炎にかかってしまった場合は
自然治癒で治ることもありますが、
喉の強い痛みから
水分不足や栄養不足になり、
さらに免疫力が低下する……
ということも考えられます。

ひどくなる前に
内科、または耳鼻咽喉科に
相談しに行くことがおすすめです。


いかがでしたか?
季節の変わり目など、
これからの時期は
体調を崩しやすくなりますが、
今から生活のリズムを整えて、
免疫力をしっかりと維持し
予防をするようにしてくださいね。