スーパーフードが
広く知られるようになったことで、
その名が広まったアサイー。

ブルーベリーのような見た目の
このフルーツは女性をはじめ
アスリートにも愛されている
栄養たっぷりの食材です。

今回はそんなアサイーについて
お話しします。
==============================
アサイーはこんなフルーツ!
==============================
アサイーは
ブラジル原産のヤシ科の植物で、
高さ25m以上にもなる木には
黒紫色の実をつけます。


ブルーベリーに見た目が似ており、
「アサイーベリー」と
呼ばれることもありますが、
ベリーの仲間とは違います。

見た目は濃い色をしていますが、
実は味が薄くクセがないのが特徴です。

1cmほどの実は、
そのほとんどが種であり
食べられる部分は全体の5%程度です。

しかし、
強い紫外線や激しい雨の降る
厳しいアマゾンの環境で生き抜くために、
その少ない部分に
豊富な栄養素を蓄えています。

元々アマゾンの原住民の栄養源として
昔から食べられていた食材であり、
現在ではその栄養価から
スーパーフードとして
重宝されているほどです。

※スーパーフードとは、
 主に栄養バランスに優れた
 栄養価が高い食品、
 特定の栄養素が突出して多く含まれる
 食品のことを指します。

ただ、栄養豊富なアサイーは
日本で生のままで買うことは
ほとんどできません。

アサイーは元々、収穫してから
1日で鮮度が落ちてしまうため
栄養素を維持するためにも
出回るもののほとんどが
加工したものに限られるからです。

==============================
アサイーの持つ栄養素
==============================
アサイーは「ブラジルの奇跡」
「ミラクルフルーツ」と呼ばれるほど
豊富な栄養素を含んでいます。


こちらでは簡単にアサイーの
栄養素についてご紹介します。

■ポリフェノール
コラムの中でも
何度か紹介したことのある
ポリフェノール。

アサイーにはアントシアニンという
強い抗酸化作用がある
ポリフェノールが含まれており、
肌トラブルを防いでくれるはたらきのほか
眼精疲労などの軽減や
回復にも期待ができます。

赤ワインやチョコレートにも
ポリフェノールは含まれていますが、
アサイーに含まれる量は
その中でも群を抜いています。

■鉄分
アサイーは果肉100gで
生のプルーン約50個相当の
鉄分を含んでいるほか、

新しい赤血球をつくるための
栄養素である葉酸、

鉄分の吸収をサポートする
ビタミンCなども
あわせて含まれているため
貧血予防にもおすすめです。

■オレイン酸
一価不飽和脂肪酸、
オメガ9系オイルとも呼ばれる脂肪酸。

血中の悪玉コレステロールを下げる
はたらきがあります。

■α-リノレン酸
オメガ3系オイルと呼ばれる
体内で作り出すことのできない
必須脂肪酸です。

血中の中性脂肪を下げたり、
高血圧の予防、
血管をしなやかにすることで
血管内に血栓ができることを
防止するなどのはたらきがあります。


いかがでしたか?
アサイーは栄養豊富なため、
ちょっと栄養が偏っていたり、
不足しているかも?というときには
頼りになる食材の一つです。

クセがなく、いろいろな加工品も
登場していますので、
今では手軽に
取り入れられるようにもなりました。

寒い時期は免疫力が下がると
体調を崩しやすくなりますので、
しっかりと栄養を摂りながら
体調管理をしていきましょう!