冷たいものを飲んだときに
歯がしみる、ということはありませんか?

もしそれらがずっと続くものではなく
一時的という場合は
虫歯ではなく知覚過敏(ちかくかびん)
かもしれません。

今回はそんな知覚過敏について
お話しします。
==============================
知覚過敏って?
==============================
知覚過敏は
20~50歳までの人が多く悩まされる
歯のトラブルの一つです。


知覚過敏になると
歯磨きの最中や、
冷たい飲食物を口に入れたとき、
風に当たったときなどに
単発的な痛みを感じるようになります。

歯は元々
表面にあるエナメル質や
その内側にある象牙質など
複数の層から成り立っています。

エナメル質は刺激を受けても
痛みは感じませんが、
象牙質は刺激を受けると
神経へと伝わってしまうため
痛みを感じてしまいます。

知覚過敏はこの象牙質が
なんらかの原因で露出することで
起こります。

■原因
前述したように知覚過敏は、
歯の表面のエナメル質が溶けたり
歯茎が下がり、 象牙質が露出することで
症状が起こります。

主な原因としては
・歯ぎしり、食いしばり
・強すぎる歯磨き
・酸性食品の摂りすぎ
・歯周病
・加齢
などがあります。

ほかにも虫歯の治療のあとや、
ホワイトニング薬剤によって
知覚過敏になる場合もあります。

■虫歯との違い
知覚過敏は虫歯と似た症状が
出ることもありますが、
虫歯とは異なるものです。

違いとして
・痛みが続くことはなく一時的
・歯に変色や黒ずみがない
ということが挙げられます。

==============================
治療と予防
==============================
知覚過敏になると飲食のほか
風に当たるだけでも痛みを感じるため、
毎日の生活にも大きく影響してきます。

こちらでは
知覚過敏になったときの治療や、
ならないための予防について
ご紹介します。

■治療
知覚過敏になった場合は
・歯の再石灰化を促す
(すり減ったエナメル質を
元の健康な状態へ戻す)
・歯の神経の興奮を抑える
・露出した象牙質の隙間を埋める
といったことが必要です。

症状が軽い場合、
知覚過敏用の歯磨き粉を使って
優しく歯を磨くことで症状を緩和させたり、
歯の状況によっては
歯医者さんで詰め物や
コーティングすることで改善ができます。

痛みが激しいなど
神経に炎症が起きている場合には
神経を抜くこともあります。

■予防
健康な歯茎でも年齢とともに、
ある程度は退縮してしまいます。

そのため歯の再石灰化を促すことや、
象牙質が露出しないよう、
歯周病や虫歯の予防をすることが
知覚過敏の予防につながります。

・歯磨きを正しく
歯磨きの際は力を入れずに
優しく磨きましょう。


口をすすぎ過ぎると、
歯磨き粉に含まれる成分が
流れ落ちてしまうこともありますので、
歯を磨いた後は水をひと口含み、
20秒程度すすいで終わりにするのが
理想的です。

フッ素が配合されたものなど、
歯周病や知覚過敏用の
歯磨き粉を選ぶとより効果的です。

・フッ素洗口
歯科医院などで取り扱いをされている
フッ素洗口剤を使って
就寝前にうがいをするようにすると、
再石灰化を促進するほか
虫歯予防にも役立ちます。


いかがでしたか?
知覚過敏は大人には
身近なお口トラブルでもあります。
おいしいものを気にせず食べるためにも
日々の予防ケアをして
歯の健康も保つようにしてくださいね。