これから夏に向け気温も高くなると、
暑さと一緒に
気になってくるのが紫外線です。

肌が焼けないように
日焼け止めを塗ったりなど、
対策をしている方も多いと思いますが、
「目」の紫外線対策をしている方は
少ないのではないでしょうか?

今回はそんな目の紫外線対策について
お話しします。
==============================
紫外線で受ける目のダメージ
==============================
目は肌と同じように
日に焼けて色が変わる……
ということはありませんが、
目も日焼けをします。

目の日焼けとは、つまり
目にダメージを受けるということです。

また、 目の神経は紫外線が当たると
肌を守るための防衛反応として
メラニン生成を促してしまうため、
結果的に肌も日焼けをしてしまいます。

そのため肌の日焼けが気になる方は
実は目の紫外線対策も重要なのです。

■紫外線による目のダメージ
目は紫外線によりダメージを
受け続けると、様々な病気を引き起こす
可能性があります。

紫外線による目の病気には
・紫外線角膜炎
・瞼裂斑(けんれつはん)
・翼状片(よくじょうへん)

といったものがあり、
充血や異物感、見えにくさ、まぶしさ
といった症状などがあらわれます。


もし、これらの症状が続いている、
という場合には
お医者さんに相談するようにしましょう。

==============================
目の紫外線対策
==============================
目を紫外線から守ることは
肌の日焼け防止になるのはもちろん、
自体の病気の予防にもなります。
こちらでは
簡単に対策についてご紹介します。

■UVカットのサングラス、
 コンタクトレンズをつける

目を守るために有効なのが
UVカットのサングラス、
コンタクトレンズです。

サングラスは色が濃いと
瞳孔が光を取り込もうと
大きく開いてしまうため、
レンズの色が薄く、
紫外線カット率の高いものが
おすすめです。

また形が大きいもののほうが
隙間もなく紫外線をカットしてくれます。

さらに、UVカットのコンタクトレンズは
場所に関係なく
つけていることができるため、
サングラスをつけられない場所でも
目を守ってくれます。

■帽子や日傘を持つ
帽子や日傘はサングラス同様、
降り注ぐ紫外線から目を守ってくれます。

帽子は日光(紫外線)をしっかりと
遮ってくれる
つばの広いものがおすすめです。

日傘の場合は
地面などからの照り返しによる紫外線も
吸収・カットできるよう内側の色は
白よりも黒が効果的です。


■目のはたらきを助ける
 栄養素を摂る

目のはたらきをサポートしてくれる
栄養素を摂ることで
内側から紫外線対策を
することもできます。

緑黄色野菜などに
多く含まれるルテインや、
トマトやスイカに多く含まれ、
抗酸化作用を持っているリコピンなどが
おすすめです。


いかがでしたか?
これからの季節は
紫外線から目も守ることで
目の健康はもちろん
肌の日焼け対策にもなります。

日の光でまぶしさや感じている方などは、
ぜひ目の紫外線対策を
始めてみてくださいね。