肩こりや腰痛がつらいとき、
ねん挫をしたときなど
さまざまな場面で活躍してくれる湿布。
私たちにとっても
身近なお薬の一つです。

今回はそんな湿布について
お話しします。


==============================
冷湿布と温湿布
==============================
貼るだけという手軽さもあり、
肩こりや腰痛などを抱えている人は、
特に使用する機会

多いかもしれませんね。
湿布には大きく分けて2種類があります。


■冷湿布
主に急な痛みや
炎症が起きたときに使用します。
(打ち身、捻挫、打撲、肉離れなど)

炎症を抑える消炎鎮痛剤と
メントールなどの冷たさを感じる成分が
入っています。

■温湿布
熱や腫れが引いたあとに
痛みが出たときや、
慢性的な痛みに使用します。
(腰痛や肩こり、筋肉のこわばりなど)

患部を温めることで血の巡りを良くし、
筋肉の緊張を和らげます。

冷湿布とは逆にトウガラシエキスなどの
温かく感じる成分が配合されています。

五十肩やぎっくり腰などは、
炎症性なのか神経性なのか
区別がつきにくいこともあるため、
間違ってしまうと
逆効果になる場合があります。
区別がつかないときは
医師に相談するようにしましょう。

なお、湿布には
昔ながらの白いパップ剤
伸縮性のある肌色をしたテープ剤
2種類があります。

パップ剤は成分と一緒に
水分も含まれており、
効率良く浸透します。

比較的肌にやさしいため、
肌がかぶれやすい場合は、
パップ剤の方が安心です。

テープ剤は貼りつきが良く、
伸縮性も高いため
関節周りへの使用に最適です。


==============================
湿布を使うときの注意点
==============================
手軽に使用できる湿布ですが、
いくつか気を付けたい点もあります。

・長時間使用せず、肌を休ませる
湿布の種類にもよりますが、
効果が持続する時間は
大体4~6時間程度です。

連続で使用したり、
長時間同じ部分に貼りつけていると
肌がかぶれてしまうことがあります。

貼り直す際は
1~2時間置いてからにしましょう。

・入浴の1時間前には剥がす
剥がした直後に入浴すると
ピリピリとした刺激を
感じることがあります。
入浴する1時間前には
湿布を剥がしておくようにしましょう。

・用法、用量を守る

その都度、使用上の注意をよく読み、

用法や用量をしっかりと守って
使うことが大切です。

なかなか良くならない場合は
病院に行くことも考えましょう。

・処方された湿布は
人にあげないようにする

ほかの薬と同じく、処方された湿布は
その人の症状などに
合わせたもののため、
症状が似ているからといって
他の人にはあげないようにしてください。

・光過敏症(日光アレルギー)に注意
消炎鎮痛成分が入った湿布の中には、
剥がしたあとに直射日光が当たると、
稀に腫れたり、赤くなることがあります。

1週間~4週間程度の間は
日光が当たらないように
注意しましょう。


いかがでしたか?
肩こりや腰痛がある人や
スポーツをしている人は
湿布にお世話になることが
多いかもしれませんね。

肌に直接貼るものですので、
使用方法なども改めて確認して
効果的に使うようにしましょう!