乾燥が気になってくるこれからの季節。
肌のほかにも唇が荒れてガサガサ
という方もいるのではないでしょうか?
唇はデリケートなため
こまめなケアが必要です。

今回はそんな唇ケアについて
お話しします。

==============================
唇はデリケート!
==============================
唇は、そもそも
ほかの皮膚と構造が異なり、
皮膚そのものがとても薄く、
油分を保つための皮脂腺がありません。

また、ほかの皮膚のターンオーバーが
28日であるのに対して、
唇は3~5日ととても短期間で
繰り返されるのが特徴です。


唇が荒れる、ガサガサする原因には
・紫外線や空気の乾燥
・食生活の乱れや栄養不足
・摩擦や汚れ
・唇を何度も舐める
といったことがあります。

油分を保つことができない上に、刺激を
常に受けやすい唇ではありますが、
前述したように
ターンオーバーの期間が短いため
ちゃんとケアすることで
早めの回復が期待できます。

==============================
からも外からもしっかりケア
==============================
こちらでは荒れた唇をケアするための
予防について簡単にご紹介します。

・リップクリームで保湿
リップクリームは荒れを防ぐための
予防として使うことがおすすめです。
しっかりと保湿するためには
唇の縦の筋に沿って塗るとより効果的。

ただ、市販のリップクリームや口紅、
グロスに含まれている成分が原因で、
唇が荒れてしまうこともあります。

唇に合わない場合は
使用を止めるようにしましょう。

・ビタミンB2、ビタミンB6を摂る
ビタミンB2とビタミンB6は
健康的な皮膚や粘膜をつくるために
必要な成分です。

この2つが不足すると
唇のトラブルのほかにも
口内炎が起きやすくなります。

ビタミンB2は
卵や納豆、乳製品などに多く、
ビタミンB6はバナナやレバー、
まぐろなどに多く含まれています。


また、上記でご紹介した予防以外にも、
唇を舐めてしまったり、
ぬぐうことが多い方はなるべく
控えるように注意してみてください。

メイクをする方は洗顔時に
唇のメイク汚れもきちんと落とすように
意識してみてくださいね。

なお、予防をしていたけど
唇が荒れてしまった……という場合は、
医薬品の唇用クリームがおすすめです。


いかがでしたか?
唇は身体の内側、外側両方から
ケアをして健やかな状態を保ちましょう!