幅広い年代に使われている
スマートフォン。
生活には欠かせない、という方も
多いのではないでしょうか?

しかし、長時間使用することで
ピントが合わない、目が疲れるといった
老眼に近い症状があらわれる方が
増えてきています。

今回はそんなスマホ老眼について
お話しします。


==============================
スマホ老眼とは
==============================
「スマホ老眼」は、
スマートフォンの画面を
至近距離で長い時間見続けることで、
毛様体筋が疲労で凝り固まり、
ピント調節が
うまくできなくなってしまう状態です。

通常の老眼は、一般的に40代以降から
多くあらわれますが、スマホ老眼は
10代~20代の若い世代に
多くみられます。


老眼は加齢によって
目の水晶体が硬くなり、
ものを見るための
ピント調節機能が低下することで
近くのものが見えづらくなる、
というものですが、
スマホ老眼は、
目を酷使したことによる
一時的な目の不調です。

しかし、そのままにしておくと
症状が悪化したり、
本当に老眼になる可能性もあります。
(元々老眼の方がスマホ老眼になると
さらに症状が進行する
可能性もあります。)

以下の項目は
スマホ老眼のサインですので、
心当たりがある方は注意が必要です。

・スマートフォンを使用したあと、
 ピントが合わなかったり
 目がかすむことがある
・最近光をまぶしく感じる
・頭痛がする、肩こりがひどい
・目が乾く

==============================
スマホ老眼の予防と改善
==============================
スマホ老眼は
目を酷使することで起きるものですが、
そのままにしてしまうと
一時的な症状にとどまらず、
集中力の低下や肩こり、頭痛などの
全身症状につながります。

こちらではスマホ老眼の
予防と改善方法について
簡単にご紹介します。

■予防と改善方法
・スマートフォンを使っているときに、
 ときどき遠くを見る

・スマートフォンを使用するときは、
 顔から30~40cm離す

・画面の明るさや
 文字の大きさを調整する

 (照明のように眩しいと明るすぎ、
 くすんでみえると暗すぎです。
 白い用紙と同程度になるように
 調整しましょう。


・こまめに休憩し、目を休ませる

・肩甲骨と肩関節を回して
 血行を良くする



・目に疲れを感じたら
 ホットアイマスクやタオルで
 目の周りを温める

・意識的にまばたきをする

・しっかりと睡眠をとる

・ドライアイ防止や目の緊張を
 やわらげる目薬を活用する


スマートフォンの使用時間を減らすのが
最も根本的な解決方法ですが、
なかなかそうもいかない場合は
目を使い過ぎないように
日々の生活の中で
気を付けてあげるようにしましょう。

なお、目の不調が続く場合は
眼科で相談するようにしてください。


いかがでしたか?
スマホ老眼はスマートフォンを長時間使う
若い方に多いものではありますが、
スマートフォンをはじめ
ガラケー(フューチャーフォン)の画面を
長時間見る中高年の方も
もちろん注意が必要です。

つい真剣に画面を見てしまうという方は、
意識的に目を休ませてあげる時間を
つくってあげるようにしてくださいね!