いくつになっても
健康で元気に過ごしたい、と思う方は
たくさんいらっしゃるかと思います。

最近は、
よく「健康寿命」という言葉を
聞くようになりましたが、
みなさんはご存じでしょうか?

今回はそんな健康寿命について
お話しします。


==============================
健康寿命ってなに?
==============================
健康寿命とは、
介護を受けたり寝たきりになったりせずに
自立した生活を送ることができる期間
を指します。


世界的にも
平均寿命が長いことで知られる日本は、
それと同じく健康寿命も長い傾向にあり、
世界の健康寿命トップ10に
名を連ねています。

しかし、
日本人の健康寿命と平均寿命の差は
10歳前後あるため、
多くの方が医療機関や家族の手助けを
10年は必要としていることになります。

■健康寿命を短くする原因
原因はさまざまありますが、
中でも生活習慣は
健康寿命に大きく関係してきます。

具体的には運動不足、睡眠不足、
食習慣、日常的な喫煙、多量の飲酒、
過度なストレスなどが挙げられ、
これらが何年、何十年と続いてしまうと
肥満症や糖尿病などの
生活習慣病のリスクが高まります。

また、骨や筋肉などの運動器が衰え、
立つ、歩くといった機能が低下する
ロコモティブシンドローム(運動器症候群)
も健康寿命を短くする要因になります。

==============================
健康寿命を延ばすために
==============================
健康寿命を延ばすためには、
「健康寿命と平均寿命との差」
できるだけ少なくすることが大切です。

長く健康でいるために、
以下のことを習慣の一つとして
取り入れていくようにしましょう。

・適切な食生活を目指す
・適度な運動をする
・十分な睡眠をとる
・お酒は飲み過ぎないように
 適量を心掛ける
・歯や口腔を清潔に保ち、
 歯周病を予防する
・禁煙する



そのほか、
病気は遺伝と環境にも関わってくるため、
家族の病歴を知っておくと、
病気の早期発見、
早期治療にもつながります。

また、
各自治体では健康に関するイベントや
教室を開催していたり、
情報を発信しているところも多くあります。

健康増進を図る運動が行われていたり、
ウォーキングコースの紹介や、
地域のオリジナル体操をつくるなど、
具体的にさまざまな取り組みを行っている
ところもあります。

飲食店やスーパーなどと協力して、
塩分や野菜の量に配慮したお弁当を
作っているところもありますので、
ぜひ自分の地域の情報を
調べてみてくださいね。


いかがでしたか?
頭ではわかっていても
常に健康的な生活を送ることは
難しいかと思います。

一度にすべてやろうとせず、
いつもより野菜を多く食べてみる、
早めに休めるときは休むなど、
少しずつでもできることを
はじめてみてくださいね。