梅雨の時期に
悩むことが多い「カビ」ですが、
実は冬にも発生しやすく
注意が必要です。

カビは繁殖すると
健康を損なってしまうこともあるほか、
家や家具を傷める原因にもなります。

今回はそんな冬のカビについて
お話しします。

==============================
冬のカビは結露に要注意
==============================
日本は元々高温多湿な気候です。
さらに近年は住居の気密性が
高まったこともあり、
梅雨などの湿気の多い時期は
特にカビが発生しやすくなります。

空気が乾燥する冬は
本来であれば
カビは発生しにくいのですが、

暖房の使用で室内と屋外の
温度差による結露が発生したり、
加湿器の使用や

洗濯物の部屋干しによる
湿気などが原因で、冬の室内も
カビが発生しやすくなっています。

特に冬のカビの大きな原因は
結露によって起こります。

■冬カビの影響
冬に発生するのは主に黒カビです。
感染力はあまり強くありませんが、
放置した結果、
胞子を多く吸ってしまい、
鼻水や鼻づまり、
のどの痛みや咳といった
呼吸器系のアレルギーを
起こすこともあります。

==============================

結露を放置しない!カビ対策
==============================
こちらではカビ対策について
いくつか簡単にご紹介します。

■結露の除去
冬に発生するカビの原因は
主に結露によるもののため、
まずは結露対策が大切です。


窓周りの結露はこまめに拭き取るか、
結露防止用のシートを貼るなど
工夫をしましょう。

また、窓以外の壁や押し入れなどにも
結露は発生するため、
除湿剤を置いたり、隙間をあけて
風が通るようにすることもポイントです。

そのほか湿気が部屋にたまらないよう、
洗濯物を室内に干しているときや、
料理中、入浴後のタイミングなど
湿気が発生しやすいときには
換気扇をまわすようにしましょう。

■こまめな掃除でほこりをためない
カビは一定の温度と湿度のほか、
栄養となる皮脂やほこりがあれば
どんどん繁殖してしまいます。

ほこりが少ないほど
カビの繁殖を防ぐことができますので、
見逃しやすい隅のほうも
掃除をするように心掛けましょう。

■室温を上げすぎない
寒い冬はついつい
部屋を温めすぎることがあります。
しかし、室温を上げすぎると
屋外はもちろん
ほかの部屋との温度差が原因で
結露が発生しやすくなります。

室温を上げるときは
前述した結露対策を
よりしっかりとするようにしましょう。

■観葉植物に注意
カビは元々土の中に生息しているため
室内に観葉植物や
植木鉢などがある場合は、
そこにカビが発生することがあります。


観葉植物は
水やりの頻度を見直す、
植物用の防カビ剤を使うことが
おすすめです。

また、土にカビが生えてしまった場合は、
その部分を取り除き、
新しい土を補充してあげましょう。


いかがでしたか?
冬のカビ対策には、ほこりをためない、
換気をする、温度差に気を付ける
といったことが大切です。

寒い冬は部屋を閉め切りがちですが、
タイミングをみて
空気を循環させるようにしましょう。