お菓子や飲み物として人気の高い
チョコレートやココアですが、
原料に使われているカカオは
栄養の高い食材としても
知られています。

今回はそんなカカオについて
お話しします。
==============================
カカオの基本知識
==============================
カカオは高温多湿の
熱帯で育つ常緑樹です。

樹は10m近くまで成長し、
ラグビーボールのような形の果実が
枝だけではなく幹にもなるのが特徴です。


果実はカカオポッドと呼ばれ、
この実の中に白い果肉と
カカオ豆と呼ばれる種子が
入っています。

カカオは主に
加工してから食べられることが多く、
それぞれ以下のようなものがあります。

■カカオニブ
カカオ豆を発酵させたあとに焙煎し、
外皮などを取り除いて粗く砕いたもの。

■カカオマス
カカオニブをさらに細かく砕いて焙煎し、
ペースト状にしたもの。

■カカオバター
カカオマスを作る過程で
分離した油分のこと。

ココアとチョコレートの違い
ココアとチョコレートは、
どちらもカカオ豆から作られており、
製造の工程も途中までは同じです。

簡単に説明すると、
ココア:カカオマスから
カカオバターを取り出したもの

チョコレート:カカオマスにカカオバター、
砂糖、ミルクなどを加えたもの
になります。

なお、ホワイトチョコレートは
カカオバターに、
砂糖やミルクを加えて作られており、
原料はチョコレートと同じカカオです。

色が白いのは
カカオマスが入っていないためです。

============================== 

カカオの栄養と効果的な摂取方法
==============================
こちらではカカオの栄養と
効果的な摂取方法について
簡単にご紹介します。

■栄養
・カカオポリフェノール

カカオポリフェノールは
強い抗酸化作用がある
ポリフェノールの一種。

活性酸素を消去するはたらきがあり、
肌の老化を防いでくれるほか、
リラックス効果が期待できます。

・テオブロミン
テオブロミンは苦み成分の一つ。
癒しに関係するセロトニンに
はたらきかけることで
リラックス効果が期待できます。


■効果的な摂取方法
・ココアやチョコレートは
 カカオの含有量が高いものを選ぶ

ココアやチョコレートは
さまざまなものが売られていますが、
砂糖やミルクが
たくさん入っているものなどは
糖分や脂質も多く、
一方でカカオの量は少なめです。

健康効果を期待する場合は
高カカオ(カカオ含有量70%以上)の
チョコレートやピュアココア(純ココア)を
選ぶのがおすすめです。


・一日の中でこまめに摂取する
カカオポリフェノールは
長く体内にとどまらないため
一日の中で一口ずつ
こまめに摂取するのがおすすめです。


いかがでしたか?
カカオはリラックス効果があるため
休憩中といったタイミングにピッタリです。

ただし、食べ過ぎると
糖質や脂質の摂り過ぎにもなりますので
量には気を付けるようにしてくださいね。