緑黄色野菜であるシシトウは、
丸ごと食べることができ、
和食との相性が良い野菜です。
ピーマンやパプリカと同じく、
トウガラシの仲間でもあります。

今回はそんなシシトウについて
お話しします。

==============================

シシトウには仲間がたくさん
==============================
シシトウ
(シシトウガラシ=獅子唐辛子)は
ナス科トウガラシ属の野菜で、
トウガラシの甘味種です。


トウガラシは
数百以上もあるといわれるほど
種類が多く、辛味のある
ハバネロや鷹の爪のほかにも、
前述したように辛味のない
ピーマンやパプリカ、そしてシシトウなども
トウガラシの仲間になります。

旬は6月から8月にかけての
夏に迎えますが、
近年ではハウス栽培もさかんで
通年手に入れることができます。

■辛いシシトウがあるのはなぜ?
通常は辛味がないシシトウですが、
まれに辛味のあるものが
混ざってしまうことがあります。

これは栽培中に高温や乾燥といった
ストレスがかかることが原因と
されています。

また、辛いシシトウは
形がいびつで先端が細く、
ツヤがないといった傾向があると
言われていますが、
明確に区別することは
難しいとされています。

==============================

シシトウの栄養
==============================
こちらではシシトウの栄養について
簡単にご紹介いたします。

■カプサイシン
シシトウは辛味のない
トウガラシではありますが、
一般的なトウガラシと同じく
辛味成分であるカプサイシンが
含まれています。

カプサイシンには脂肪を燃焼させたり、
食欲を増進させるはたらきがあります。

■β(ベータ)-カロテン
β-カロテンは
緑黄色野菜などに多く含まれる
橙色の天然色素です。

強い抗酸化作用によって
身体の老化を防ぐほか、
体内では必要な分だけ
ビタミンAに変わります。

ビタミンAは皮膚や目の健康を保ち、
免疫機能の向上も期待できます。

また、β-カロテンは
油との相性が良いため、
炒める、揚げるといった
調理方法がおすすめです。

なお、そのまま加熱すると
中の空気が膨張して
破裂する恐れがありますので、
つまようじや竹串などで
何ヵ所か穴を開けてから
調理をするようにしましょう。

■シシトウの選び方
固いものや、
へたが黒ずんでいるものは、
鮮度が落ちている可能性があります。

ツヤとハリがあり、
へたがしっかりしているものが
おすすめです。



いかがでしたか?
トウガラシは、栄養価が高い一方で、
辛味が強く
あまり量を食べることができないため、
栄養源としては向いていません。

ただ、シシトウの場合は
料理にも合わせやすく、
ピーマンのように
苦みもほとんどありませんので、
栄養を摂るといった面でも
おすすめの食材ですよ!