日照時間も長くなり、
すっかり暖かくなりました。
しかし、暖かくなったはずなのに
手足が冷える
といったことはありませんか?


寒い時期と違い
厚着がしにくい季節の「冷え対策」は
どのようにすればいいのでしょうか?

今回はそんな春夏の冷え性について
お話しします。
==============================
冬だけじゃない!
春夏にも起きる冷え性

==============================
冬は外気温も低くなるため、
冷えが気になる方は多いかと思います。

しかし、春や夏になっても
手足が冷えて困っている……
という方は意外と多いものです。

また、冷え性のタイプは大きく2つあり、
効果的な対策も少しずつ異なります。

■自律神経の乱れが原因
比較的若い方に多く、
手足だけが冷たい、
平熱なのに冷えを感じる
といった症状が出やすい冷え性です。

・手足の末端が冷たい
・不規則な生活をしている
・ほとんど運動をしない
・冷たい食べ物や飲み物を
 摂ることが多い
・入浴はせずシャワーのみが多い
・ストレスを感じやすい


上記の項目が複数当てはまる方は
自律神経のバランスが乱れることで、
血行が悪くなり、その結果
冷えを生じている可能性があります。

■筋肉量の減少が原因
・体温が36℃未満のことが多い
・転びやすい、足がつりやすい
・肉、魚、乳製品をあまり食べない
・ほとんど運動をしない
・65歳以上


上記に複数当てはまる方は、
痩せ気味であったり
加齢による筋肉の減少が原因で、
熱を生み出す筋肉そのものが
少ないために
冷えを生じている可能性があります。

==============================
冷え対策
==============================
こちらでは冷え性の対策について
簡単にご紹介します。

■身体を冷やさないようにする
特に自律神経の乱れタイプの方は、
温かい飲み物を飲むようにしたり、
シャワーではなく
しっかりと湯船に入って
身体を芯まで温めることが大切です。

なお、ホットの飲み物でも、
カフェインが入っている場合は
利尿作用によって熱が逃げてしまうため、
できるだけハーブティーといった
カフェインレスのものを選ぶのが
おすすめです。

お風呂は40℃くらいの温度に設定し、
じんわり芯から
温めてあげるようにしましょう。

■筋肉を減らさない、筋肉を増やす
筋肉量の減少タイプの方は
今ある筋肉を減らさないことと、
少しずつ筋肉量を増やしていくことが
大切です。

ストレッチを取り入れてみたり、
座っている時間を減らすようにするなど、
筋肉量を維持するように
心がけてみましょう。
※ストレッチや運動を行う際は
 無理のない範囲で
 行うようにしましょう。

また、
筋肉をつくるために必要なたんぱく質、
エネルギーを作り出すのに必要な
炭水化物、脂質をバランス良く摂ると
より効果的です。

■温めるポイントは「頭寒足熱」
頭寒足熱(ずかんそくねつ)とは、
文字通り頭(=上半身)を涼しく、
足(=下半身)を暖かくする方法です。


上半身に比べると下半身は
3~5℃温度が低い傾向にあります。

そのため、
下半身を優先して温めることで
温度差がなくなり、
身体の巡りを良くすることができます。

さらに、
3首と呼ばれる「首、手首、足首」と、
お腹や腰を温めることで
より効率よく
全身を温めることができます。


いかがでしたか?
暖かい時期の冷えは、
ポイントを押さえた対策が必要です。

冷え性が改善すると身体全体の調子が
良くなるともいわれていますので、
放置せずに
ぜひ対策をしてみてくださいね!