読書に集中していたり、
長時間パソコンやスマートフォンを
使用したあと、
「目が疲れた……」と
思うことはありませんか?

目は酷使し続けると
「眼精疲労」へとつながり、
休息や睡眠を十分にとっても
症状が改善されなくなってしまいます。

今回はそんな目の疲れについて
お話しします。
==============================
疲れ目と眼精疲労は違うもの?
==============================
パソコンやスマートフォンが
普及した現代では、
多くの方が「目の疲れ」や、
「目がしょぼしょぼする」といった症状を
感じるようです。

大抵の場合は
休息をとったり睡眠を十分にとることで
自然と解消するものですが、
ディスプレイを長時間見ていたり、
近くのものを見る時間が続いてしまうと、
いつまでも症状が改善されない状態
(=眼精疲労)になってしまいます。


疲れ目も眼精疲労も
目が痛い、かすんで見える、
まぶしさを感じる、充血する
といった症状は同じですが、
目の症状以外にも
頭痛や肩こり、吐き気といった症状が
慢性的に起きている場合は
眼精疲労になっている
可能性があります。

==============================
予防と対処
==============================
こちらでは眼精疲労の
予防と対処方法について
簡単にご紹介します。

■予防

・明るい場所で作業をする
暗いところで作業をすると
目のピントを合わせにくく、
目に負担がかかるため、
作業をする際は照明を増やしたり
明るさを調整するようにしましょう。

・目をリラックスさせる時間をつくる

手元の作業や、
ディスプレイを見つめている間、
目は緊張した状態になっています。
1時間に1回は遠くをゆっくり見て
目をリラックスさせましょう。

・目に合った眼鏡、
 コンタクトレンズを使う

眼鏡やコンタクトレンズが
目に合っていないと、
かえって目の負担になります。

見えにくいと感じたり、
目を細めたりする回数が多い場合は
自分に合ったものに変えましょう。

■対策
・目を休めることを意識する
予防としても紹介しましたが、まずは
目を休ませてあげることが大切です。

まばたきを意識したり、
1時間に1回を目安に
休憩をとるようにしましょう。

・目を温める、冷やす

充血や痛みがある場合は
冷たくした濡れタオルを目にのせるほか、
寝る前やリラックスしたいときは
温めた濡れタオルをのせて
目の緊張をほぐしましょう。

・目の体操をする
目を上下左右に動かす、ぐるっと回す、
ギュッとつぶるなど
心地よいと思う程度に
動かしてみましょう。


目を意識して動かすことで
筋肉を刺激し、
疲れをほぐすことができます。

なお、眼精疲労は
目の酷使だけではなく、
近視、遠視などの屈折異常や、
そのほかの目の病気、
さらに目とは直接関係のない病気の
症状の一つとして
発症する場合があります。

症状が気になる方は自己判断せず、
病院に相談するようにしましょう。


いかがでしたか?
現代では特に目を酷使しやすいため、
意識して休ませてあげることが大切です。

目をリラックスさせるグッズも
たくさん出ていますので、
そちらもぜひ活用してみてください。