毎年暑くなると
「夏バテ」を意識し始める方も
多いのではないでしょうか?

高温多湿な日が続く中では
体調も崩しやすくなるため、
まずは食事でしっかりと
栄養を摂ることが大切です。

今回は夏バテ防止のための
食事についてお話しします。

==============================
夏バテとは
==============================
一般的に夏バテとは、
夏の高温多湿な気候によって起こる
体調不良の総称を指します。

症状としては、
・全身のだるさや疲労感
・食欲不振
・やる気が出ない(無気力)
・身体が熱っぽい
・めまい、立ちくらみ
などがあります。


症状が
熱中症にも似ている夏バテですが、
熱中症は主に
体温調節ができなくなることで起こり、
夏バテは主に自律神経の乱れが
原因で引き起こされます。

自律神経が乱れる原因は、
室内と屋外の温度差が激しいことや、
連日高温多湿の環境にさらされることで
ストレスを感じることなどが
挙げられます。

また、夏は冷たい飲み物や食べ物の
摂取回数が増加することにより
胃腸の機能が低下していたり、
食事内容の偏りにより、
栄養不足になることがあります。

==============================

食事に気を付けて夏バテに打ち勝つ
==============================

こちらでは夏バテ予防のための、
食事のポイントについて
簡単にご紹介いたします。

■冷たい飲み物や食べ物の
 過剰摂取を控える

冷たい飲み物を摂りすぎると、
胃液が薄まってしまうほか、
胃が冷えてしまうことで
消化機能が低下してしまいます。

冷たいものばかり食べたり、
冷たい飲み物を一度にたくさん
飲むようなことはせず
温野菜など加熱調理したものを
取り入れたり、
冷たいものを食べたあとは
温かい飲み物を飲んで胃を温めるなど、
工夫するようにしましょう。

■食事の質に気を付ける
暑くなると麺類など
単品の献立に偏りがちになりますが、
それではカロリーは摂取できても
栄養バランスが偏ってしまいます。

食事の際は、
肉類、魚介類、卵、大豆、乳製品などの
たんぱく質を含む食材や、
野菜(ビタミン)、海藻類(ミネラル)などの
おかずも一緒に食べるようにするなど、
さまざまな食材を
少しずつ摂るように心がけましょう。

■スパイスや酸味のあるものを
 取り入れる

香辛料といったスパイス類は、
胃液の分泌を促すはたらきがあります。


胃の負担にならない程度に
取り入れることで、食欲増進になります。
また、お酢やレモンなどの酸味も
食欲増進が期待できます。

スパイスについては
こちらのコラムでもご紹介しています。
〉〉【218話】●●●●で夏バテを吹き飛ばす

■こまめに水分補給をする
のどの渇きを感じる前に
こまめに水分補給をするようにしましょう。
マスクをしていると
喉の渇きに気づきにくいこともあるため、
意識して水分補給をすることが大切です。

また、水分補給には
水やお茶を活用しましょう。
ジュースや炭酸飲料は
糖分を摂り過ぎてしまったり、
飲料に含まれる糖の代謝に
栄養が使われてしまうため、
水分補給としては
おすすめできません。


なお、夏バテ予防には食事のほかにも
汗ばむ程度の軽い運動や、
ぬるめのお湯に浸かって
リラックスすることもおすすめです。
〉〉【第9話】暑い時こそ、冷えた身体を温める!

さらに、エアコンの設定温度は
27~28℃を目安に設定し、
身体を冷やし過ぎないように
調整することも
忘れないようにしましょう。


いかがでしたか?
夏バテは食事を工夫をすることで、
予防することもできます。

いつもよりも食事を意識して、
この時期を乗り切りましょう!