みずみずしく彩り豊かな夏野菜。
夏野菜には
暑さで疲れた体にピッタリな栄養が
たくさん詰まっています。

今回はそんな夏野菜について
お話しします。

==============================
夏野菜の特徴
==============================
野菜は旬の時期に収穫するものが
一番栄養価が高くなり、
美味しさも格別です。

夏野菜はその名のとおり
夏に収穫される野菜のことを指し、
種類も豊富で、
栄養価が高いという特徴があります。

また、夏に不足しがちな栄養素を
多く含んでいる傾向にあるため、
夏の時期は積極的に
摂りたい食材です。

==============================

夏に不足しがちな栄養素
==============================

過去のコラムでもご紹介しましたが、
夏の食事は炭水化物に
偏りやすく、
暑さによる体力の消耗も重なると
栄養不足になりやすい傾向にあります。

中でも夏に不足しがちな栄養素として、
たんぱく質、食物繊維、
ビタミンB1、ビタミンC、
ミネラル(カリウム)などが
挙げられます。

こちらでは不足しがちな栄養素を補える
夏野菜を簡単にご紹介します。

■枝豆

枝豆にはたんぱく質が
多く含まれています。
たんぱく質は、糖質・脂質と並ぶ
三大栄養素の一つであり、
臓器から皮膚にいたるまで、
身体の基礎をつくっている
大切な栄養素です。

また、糖質の代謝促進や
疲労回復に必要な
ビタミンB1も豊富です。

おつまみだけではなく
おかずとして取り入れるのも
おすすめです。

■トウモロコシ
トウモロコシの粒の皮部分には
セルロースと呼ばれる
食物繊維が含まれています。

食物繊維は、コレステロール値を下げ、
脂質、糖、塩分の吸収を
ゆるやかにしてくれる
はたらきがあります。
※トウモロコシの詳細についてはこちら>>

■キュウリ
汗をかくことで不足する水分や
カリウムが多く含まれています。
ミネラルの一つであるカリウムは
高血圧の原因にもなる
過剰な塩分を排出してくれるため、
高血圧予防にもなります。

購入する際は太さが均一で
緑色が濃いものを選ぶようにしましょう。

■ピーマン
夏に消耗されやすく
健康な肌を保つために必要な
ビタミンCが豊富です。
また、粘膜や皮膚の健康を維持して
身体の抵抗力を高める
β-カロテンも含まれています。


いかがでしたか?
こちらでは紹介しきれませんでしたが、
ほかにもおいしく手軽に食べられる
夏野菜が数多くあります。

栄養バランスのためにも
いろいろな食材と組み合わせて
食べてみてくださいね。