肩が上がりにくい、袖に腕を通すのが大変など、加齢によって肩の関節がスムーズに動かなくなることを四十肩、五十肩と呼びます。

ひどくなると生活に支障が出る場合もあるため早い段階から予防をすることが大切です。

今回はそんな四十肩・五十肩についてお話しします。
==============================
四十肩・五十肩ってなに?
==============================
四十肩・五十肩は正式には「肩関節周囲炎」と呼ばれる病気です。
40代で発症すれば四十肩、50代の場合は五十肩と呼ばれますが、どちらも同じものです。

腕を動かしたときに突然肩に鋭い痛みがする、というのが典型的な発症例です。

主な症状としては
・肩を動かしたときに痛みが出る
・腕を後ろに回せない
・肩が上げられない
などがあります。

実際は、はっきりとした原因はわかっていませんが、肩の関節にある腱板(けんばん)という組織が加齢に伴って変形し炎症を引き起こす、肩部分のじん帯の柔軟性が低下することで発症すると考えられています。

なお、肩こりと混同される場合もありますが、肩こりと四十肩・五十肩は別物です。
肩こりは「筋肉が疲労」した状態に対し、四十肩・五十肩は「炎症」を起こしている状態という違いがあります。


==============================
四十肩・五十肩の予防方法
==============================

四十肩・五十肩は適度な運動やストレッチをすることで予防することができます。
こちらでは簡単に3つの予防方法をご紹介します。

1.両腕を前から真上に向かって上げ、耳の横につけてゆっくりと下ろす。



2.両肩を前後に回す。



3.肩をぎゅっと前にすくめたあと、後ろに広げるように動かす。



上記の運動はそれぞれ10回程度を目安に毎日行うようにしましょう。
痛みがある場合は無理をせずにできる範囲で行うか、中止してください。


四十肩・五十肩は鋭い痛みが生じる「急性期」と、鈍い痛みへと移行してくる「慢性期」があり、それぞれ対処法が異なります。

また、四十肩・五十肩だと思ったら別の病気だったということもありますので、肩に急激な痛みが起こった場合は、適切な処置を行うためにも自己判断せず、病院へ行くようにしましょう。


いかがでしたか?
四十肩・五十肩は普段から肩の筋肉を動かしてあげることが予防につながります。
まだ若いから大丈夫と言わず、早めの予防を心掛けるようにしましょう!