ごくごく身近に起こる鼻血。
ぶつけてしまったときや鼻のかみ過ぎ、あるいは何もしていないのに鼻血が出てきたなど、多くの方が経験したことがあるかと思います。

その際に正しい方法で止血をしているでしょうか?

今回はそんな鼻血の止血方法についてお話しします。

==============================
傷つきやすい鼻の中
==============================
鼻血のほとんどは鼻の内側にあるキーゼルバッハ部位という細く小さな血管が集まるところから出血しています。


鼻血の原因としては、鼻をいじったり鼻をかむといった刺激のほか、のぼせたり、刺激物を取り過ぎることでも起こります。

==============================
鼻血の正しい止め方
==============================

こちらでは鼻血の止め方について簡単にご紹介します。

1.座って安静にした状態で、顔を少しうつむかせ鼻先の膨らんだ部分をつまみます。



2.鼻をつまんだまま10分程度、出血が止まるのを待ちます。
手を放して止まったかどうかを確認したくなりますが、できるだけつまんだまま待ちましょう。


血液がのどに流れてきた場合は、飲み込まずに吐き出してください。
鼻にティッシュや脱脂綿を詰める場合は、はずしたときに再度鼻の中を傷つけないようにゆっくり取ると◎。

なお、
・短時間~数日など繰り返し鼻血が出る
・正しい止血方法でも出血量が多い
・長時間止まらない
などの場合は一度病院へ相談するようにしてください。

■間違った鼻血の止め方
・上を向く、横になる
上を向いたり横になると、血液が気道や食道へと流れ込んでしまいます。

具合が悪くなることもありますので、姿勢は座ってうつむき加減が◎です。

・首の後ろをたたく
首の後ろをたたいても止血効果はありません。
鼻血が出たときは鼻を圧迫しつつ、座って安静にすることがおすすめです。


鼻血が出ないようにするためには鼻をあまり刺激しないことのほか、乾燥対策もポイントです。

寒い今の時期は鼻の中も乾燥しやすく、傷つきやすくなるため、鼻の入り口あたりにワセリンを薄く塗って保湿したり、マスクをつけて寝るのもおすすめです。


いかがでしたか?
子供の頃に比べて大人になると鼻血の回数は減りますが、正しい方法を覚えておくことですぐに対処できます。

慌てると血圧が上がり、血が止まりにくくなりますので、落ち着いて対処するようにしてくださいね。